内容について Implant Fee

インプラント手術内容一覧

 


プランニング
(CT)

  型どりをした上下の模型で、咬み合わせの正確な位置を知る為、専用の器具を用いて検査した後、仮歯で口の中の状態や咬み合わせを確認・調整します。
その後、埋入予定の位置にガイドを作製し、CTスキャンでインプラント埋入のシュミレーションを用いれば、顎骨の3次元的な位置関係を把握し、埋入のインプラント体のサイズ・本数・位置・方向を想定する情報を得ることができます。
ノーベル
ガイド
  インプラントを顎骨に埋入する際、CTを使用して三次元上で設定した最もいいポジションに、正確に埋入するためのテンプレートのことです。
埋入手術   歯を失った顎骨の中に人工の歯根を植え込み、ぴったり癒着することで人工歯を支えることができます。

2次Ope
(アバットメント
 or  カスタム
アバットメント込)

 

1回目の手術で、インプラントを埋入した後、歯肉で完全に覆われたインプラントの上部を露出する為に行われます。
アバットメントとは、新しい歯冠を支える支柱のことです。
上部構造   お一人、お一人に合った被せ物・義歯をお作りします。
静脈内鎮静法   静脈内点滴に催眠鎮静導入剤を少量投与することにより、緊張・不安・恐怖感なく眠ったような快適な状態で手術を行う方法です。
全身麻酔とは異なり、完全に意識は消失されず回復が早いのが特徴です。
サイナス
リフト
  上顎の骨は、下顎に比べて軟らかいので、歯が抜けると急速に吸収される為、その吸収した上顎骨を造成する方法です。
GBR   埋入する際や事前に十分な骨の厚み・幅がない場合、骨のない部分を特殊な膜で覆い、骨を作っていく方法です。
ソケット
リフト
  上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)の底の部分が下がっている人の場合、インプラントが洞内に突き抜けないように、埋入ホールを作り骨を圧縮しながら上顎洞底を上げる方法です。

骨移植
(自家骨)

  埋入する部分の骨が薄かったり、高さが低かったり、不十分であるとされた場合、インプラント体がしっかり固定するように患者さん自身の骨を移植します。
骨移植
(骨補塡材)
  埋入する部分の骨が薄かったり、高さが低かったり、不十分であるとされた場合、インプラント体がしっかり固定するように人工の骨や骨補塡材、他のものの骨を移植します。