インプラントって何? About Implant

インプラントとは

歯を失った顎骨の中に人工の歯根を植え込み、
ぴったり癒着することで人工歯を支えることができます。

 

こうして、自分の歯、同様に噛むことができる、
ブリッジや入れ歯とちがった自費診療です。

ブリッジとインプラントの違い

ブリッジ

両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます

  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい
  • 歯の根のない歯ぐきは、噛むことによる刺激が
    ないため、次第にやせてしまう
インプラント

インプラントを埋め込み、
その上に人工の歯冠を固定します

  • 健康な歯を削らずにすむため、健康な歯をそのまま保てる
  • 歯ぐきに噛む力がかかるので、歯ぐきを健康に保てる
ブリッジ

矢印

インプラント

部分入れ歯とインプラントの違い

部分入れ歯

人工の歯を固定するために
金属のバネで健康な歯に固定します

  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
  • 常に違和感がある
  • 金属のバネが見えて、見栄えが良くない
  • 金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、
    丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる
インプラント

人工の歯を両隣のインプラントで支えることもできます

  • インプラントは時間の経過とともにあごの骨と
    結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
  • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
  • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
部分入れ歯

矢印

インプラント

インプラント入れ歯について

インプラント入れ歯には2つのタイプがあり、それぞれに以下のような特徴があります。
ご自身のライフスタイルにより適したものをお選びいただけますよう詳細についてはカウンセラーとご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー(インプラント上義歯)

インプラントオーバーデンチャーとは、最少2本のインプラントを用いて、上顎、下顎それぞれ入れ歯を固定します。
入れ歯の取り外しや装着は、従来の入れ歯のように来院者様ご自身で行えます。
入れ歯とインプラント上義歯の比較
入れ歯 インプラント上義歯
  • 硬いものが食べにくい
  • 浮き上がる、外れる心配がある
  • 保険適用の場合は安価である
  • 手術が不要
  • 硬いものなど、食べられるものが増える
  • 不意に外れる心配がなく、入れ歯安定剤が不要
  • 自費の治療となる
  • 手術が必要
インプラントチタン

All on 4(6)

All-on-4(6)とは、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法で、最少4本のインプラントを上顎、下顎、もしくは上下両顎に埋め込むだけで、取り外し不要の固定式の義歯をすることができます。
総入れ歯とAll-on-4(6)の比較
総入れ歯によるトラブル All-on-4(6)ならこんなに快適
  • 入れ歯が動いて発音しにくい
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまって痛む
  • 歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない
  • 噛む力を十分にかけられず、硬いものを食べることができない
  • 固定されているので安心して話ができる
  • 食べ物がはさまって痛むことがない
  • ご自身の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
  • 顎の骨にしっかり固定されているため、硬いものをしっかり噛んで食べることができる
 All-on-4
ノーベルバイオケアジャパンのパンフレットを参考にいたしました。
ノーベル・バイオケア・ジャパン