床矯正 Orthodontic

床矯正(顎を広げる、抜かない矯正方法)

歯を抜かず、取り外しのできる装置を使って行う矯正です。

ブラケットをつける矯正よりも低コストで、顎を大きく広げることにより、歯並びを整える手助けをします。

FKOとは?

上顎、下顎の前後的関係を治すために使用します。主に、上顎前突の改善に用います。
上下の前歯を突き合わせた位置で、顎の位置を保持することにより、顎の前後関係が正しく矯正されます。

使用方法

主に成長期の子供に使用します。
装置の構造上、装着したままでしゃべったりしにくいため、主に、睡眠中に使用します。
ただし、睡眠時間が短い場合は、夕食後にすぐに装着するなど、使用時間を増やすよう工夫してください。
取り外しが可能なため、虫歯などの可能性がなく、簡単で利便性が高い反面、装着時間が短かったり、紛失などが重なると、戻ってしまったり、治療が滞ることもあります。

床矯正・FKO装置作製までの流れ

1回目
  1. 問診票のご記入
  2. 初診カウンセリング
  3. お口全体のチェック
  4. お口のクリーニング・歯磨きチェック or 虫歯治療
    ※口腔内の状況により4が何度か続く場合もございます。
  5. 床矯正カウンセリング
2回目
  1. 写真撮影・レントゲン撮影・型取り
    ※床装置ができ次第こちらよりご連絡させていただきます。
3回目
  1. 床装置SET
  2. 床装置の取り扱い等のご説明
4回目

 床装置SETより2週間後に来ていただきます。

  1. 床矯正チェック
    (実際いれてみてどうだったかなど、お聞きします。)
5回目

 ここからは1ヶ月に1度、床矯正の様子を診ていきます。

 チェック料金が¥1,000(税別)となっております。

床矯正・FKO装置の取り扱い

洗い方

基本的に装置はブラシの毛先で細かく磨いて水ですすぎます。
研磨剤が装置を傷つけるため、歯磨き粉は使わないでください。
装置が変形するので、熱湯をかけたり煮沸消毒はしないでください。
洗浄剤(ポリデント、リテーナークリーナー等)は補助目的で使ってください。

洗ってからケースへ

外してすぐにケースにしまうと臭くなります。
必ずこすり洗いをして汚れを落としてからケースにしまいましょう。
外出先で洗えない場合は家に帰って、装置もケースも洗いましょう。
洗った後にティッシュにくるむのもやめましょう。誰かがゴミだと思って捨ててしまうことがあります。

装置は必ずケースに入れましょう!
紛失や破損すると装置を新しく作るのにはお金も時間もかかってしまいます。

飲食禁止

装置を入れている間は飲んだり食べたりしないでください。
また、食べた後は必ず歯磨きをして口の中をきれいにしてから装置をいれてください。
食べかすの詰まった口に装置を入れると、痛みや虫歯の原因になります。

さまざまな矯正方法

  メリット・デメリット 治療の特徴 費用
床矯正

メリット

  • 基本的に歯を抜かずに顎を広げることができる
  • 自分で装置の着脱が可能
  • あごが成長中の子供に最適かつ経済的

デメリット

  • 装置を入れなかったり、入れる時間が短いと効果が出ない

【治療期間】
平均1~3年

歯並びを整えるだけでなく、土台となるあごを広げ、噛む訓練により顔全体が正常な機能を取り戻す

早期であれば
6万円(税別)から治療可能
(医療機関、状態により異なる)
通常矯正
(表側に装置着用)

メリット

  • 装置を自分では外せないので、
    確実に矯正が進む
  • 取り外せる装置と比べ、装置を洗ったりネジを回す手間がない

デメリット

  • 矯正装置が目立つ
  • 痛みを感じる
  • 抜歯することが多い
【治療期間】
平均1~3年

多くの不正咬合に対応できる方法で、十分な実績がある
70~100万円
(医療機関、状態により異なる)
裏側矯正

メリット

  • 歯の裏側に装置をつけるため、
    表から見えない
  • 装置を自分では外せないので、
    確実に矯正が進む
  • 取り外せる装置と比べ、装置を洗ったりネジを回す手間がない

デメリット

  • 痛みを感じる
  • 抜歯することが多い
  • 歯が磨きにくい
【治療期間】
平均2~3年

人に気付かれることなく治療できる
100~150万円
(医療機関、状態により異なる)
マウス
ピース
矯正

メリット

  • 透明のマウスピースを使用するため、装着が目立たない

デメリット

  • 装置の作り替えのために何度か型取りが必要
  • 適応が限られている(事前に適応診断が必要)
【治療期間】
平均1~2年

人に気付かれにくいが、適応が限られている
16万円(税別)から治療可能
(医療機関、状態により異なる)

MFTとは?

『MFT=Myofunctional Therapy』、日本語にすると『口腔筋機能療法』です。

MFTとは具体的にどんなことをするかと言うと、舌・頬・唇の筋肉のバランスを整えるためのトレーニングを行います。

姿勢を正すこと、そして口腔周囲筋のアンバランスを起こす原因となる癖(頬杖や片噛みなど)を見つけ、改善していきます。

唇の力・噛む力を鍛えましょう!

口呼吸などの悪習慣で、いつも口が開いていると歯列不正が起こりやすいため、口を閉じることは大きな治療の一つです。

 

宮本歯科では、唇の力・噛む力を鍛えるための様々なトレーニングを紹介しています。

 

ポカンX
(唇を閉じる力を鍛えます)

ぽかんX

りっぷるくん
(口輪筋を鍛えます)

りっぷる

とじろ~くん
(唇の閉じる力を鍛えます)

とじろ~

あげろ~くん
(口輪筋・舌筋を鍛えます)

あげろ~くん


チューブを使った咀嚼トレーニングも効果的です。犬歯の外側の歯(第一小臼歯)に当てて噛みしめて、噛む力を増加させます。

 

工夫次第で、家でもできるトレーニングはあります。

クリップを曲げて唇でくわえたり、ハガキを二つに折って口にくわえたり、お風呂は3分間口まで入るなど、口を閉じた状態を習慣づけることが大切です。

転院について

保護者の方の転勤などでお引越しされる場合は、お引越し先の近隣で床矯正を行っている歯科医院をお探しし、ご紹介することが可能です。

また、こちらの近くにお引越しされてきた場合は、続けて床矯正治療を進めて行くことが可能です。装置の作り替えなどの料金は当院でお作りする1装置目の料金からのスタートとなりますので、ご確認ください。

こどもの矯正価格表

※下記は税別価格です。

床矯正・上 顎(1装置目) ¥60,000
床矯正・下 顎(1装置目) ¥60,000
FKO(1装置目) ¥60,000
急速上顎拡大装置(1装置目) ¥60,000
床矯正・上 顎(2装置目以降) ¥20,000
床矯正・下 顎(2装置目以降) ¥20,000
(床矯正→)FKO ¥40,000
(床矯正→)急速上顎拡大装置 ¥40,000
(床矯正→)クリアアライナー・上顎(1セット) ¥30,000
(床矯正→)クリアアライナー・下顎(1セット) ¥30,000
(床矯正・FKO→)ワイヤー・上顎(ブラケット銀) ¥120,000
(床矯正・FKO→)ワイヤー・下顎(ブラケット銀) ¥120,000
(床矯正・FKO→)ワイヤー・上顎(ブラケット白) ¥150,000
(床矯正・FKO→)ワイヤー・下顎(ブラケット白) ¥150,000

 

宮本歯科 NAOルーくん

※床矯正の総額・たとえば・・・
 床矯正のみ上下3セット作成で、~¥210,000ほど。
 床矯正・ワイヤー矯正等で、~¥525,000ほど。

 

※月に一回の来院時のチェックは、¥1,000(税別)です。

※クリアアライナー、ワイヤー矯正のみの矯正は別価格になります。

※ご不明な点・質問などございましたら、ご遠慮なくスタッフまでお尋ねください。