にこにこでほっとする「宮本歯科」

ご予約はこちら

歯を失った方へ(入れ歯・ブリッジ・インプラント)

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 今の入れ歯が合わない
  • 見た目がきれいで、自然な治療がしたい
  • 自分の歯で噛んで食べる楽しみを取り戻したい
  • 入れ歯やブリッジを新しく作り直すのが面倒
  • 入れ歯等をしたいが、初めてなので不安
  • 他の歯に負担をかけたくない

歯を失ってしまったら

むし歯や歯周病、ケガなどで歯を失ったあと、「1本くらいいいか」と放置するとさまざまな弊害が発生します。まず、歯は空いた場所に移動するので、少しずつ歯並びやかみ合わせがずれて、お口の健康が損なわれます。また、噛む力を受ける本数が減ると、残っている歯に負担がかかって損傷しやすくなります。
これらの点を踏まえて、歯を失ったら、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで早めに補うことをおすすめします。

各治療法の比較

入れ歯 ブリッジ インプラント
美しさ
噛む力
健康な歯への影響
違和感
寿命
保険適用 △(材質による) △(材質による) ×
外科的治療 不要 不要 必要

入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、すべての歯を失ったときと、部分的に歯を失ったときの両方に対応できる利点を持っています。
当院は入れ歯を希望する方のさまざまなご要望にお応えできるように、豊富な種類の入れ歯を扱っています。また、提供する入れ歯が皆さまにとってできるだけ使いやすいように、丁寧な調整を行ってフィット感を高めるよう努めています。

当院での取り扱い

  • 保険の入れ歯

    お口の粘膜や歯ぐきに触れる床部分が、レジン(歯科用プラスチック)で作られている入れ歯です。部分入れ歯の場合は、クラスプという金属のバネを他の歯に引っ掛けることで、入れ歯を固定します。治療費がリーズナブルですが、装着時に異物感や違和感を覚える方もいらっしゃいます。

  • 金属床

    床部分が金属製なので、強度に優れています。また、薄く軽く作製できるため装着時の違和感も抑えられるのがメリットです。さらに、食べ物の熱が伝わりやすく、食事の楽しみが向上します。

    料金
    ¥170,500(税込)~¥203,500(税込)
    • メリット

      • 保険の入れ歯より薄く加工でき、異物感が少ない
      • 金属を使うことで、頑丈でしっかり噛める
      • 金属から熱が伝わって、味覚が感じやすくなる
    • デメリット

      • 保険適用外のため、自由診療
      • 金属アレルギーの心配がある
      • 金属の重みが、違和感になる方もいる
  • ノンクラスプデンチャー
    (キレイデス)

    ノンクラスプデンチャーは文字通り、クラスプ(ばね)を使わない入れ歯です。口を開けた時に金具が見えないため、入れ歯をしていると気づかれにくくなります。また、金属アレルギーの心配もなく、フィット感に優れているのもメリットです。

    料金
    ¥ 93,500(税込)~¥ 115,500(税込)
    • メリット

      • 金属不使用のため、金属アレルギーの方でも着用できる
      • 薄く製作できるので、異物感が少ない
      • 金属のバネがないので、目立ちにくい
    • デメリット

      • 保険適用外のため、自由診療
      • 特殊な素材を使用しているので、修理に時間がかかる場合がある
      • 装着するためには、ひっかけるための歯が必要

ブリッジ

ブリッジは、補う部分の両隣の歯を少量削って土台とする一連の被せ物です。連続した被せ物を作る際に、全体のかみ合わせを改善できるメリットもあります。
保険適用で作ることもできますし、セラミックなどを使って美観や機能を求めることも可能です。

ブリッジで使用する補綴物

  • セラミック

    セラミックは透明感があるので、天然歯に近い自然な美しさを持っています。また、色を細かく調整できるので、美しく仕上がると同時に周囲の歯から浮いてしまうようなこともありません。また、表面がなめらかなので汚れがつきにくく、むし歯になりにくいなどメリットが豊富です。

    料金
    1本あたり 
    ¥ 66,000(税込)~¥ 88,000(税込)
    • メリット

      • 天然歯に近い白さを持ち、審美性に優れている
      • 金属不使用なので、歯茎が変色しない
      • 歯垢がつきにくいので、むし歯になりにくい
    • デメリット

      • 保険適用外のため、自由診療
      • 比較的割れやすく、衝撃には注意が必要
      • 周囲の歯を削る場合もある
  • ジルコニア

    ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使用される、美しさと硬度を持つ素材です。セラミックの一種にもかかわらず、金属にも匹敵する強度や耐久性があります。そのため、強い力がかかりやすい奥歯にも多く使用されます。
    また、金属アレルギーのリスクも無いなど利点が豊富です。

    料金
    1本あたり 
    ¥ 66,000(税込)~¥ 88,000(税込)
    • メリット

      • 歯ぎしりなどにも強いため、奥歯にも使用できる
      • 耐久性があるので、衝撃を受けても割れにくい
      • セラミックに比べて、費用を抑えられる場合も
    • デメリット

      • 保険適用外のため、自由診療
      • セラミックに比べると、審美性は若干劣る
      • 調整などが難しい場合もある

インプラント

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に、人工歯根を埋め込み、人工歯を装着する治療方法です。顎の骨で支えるので、天然歯と同様に固いものでもしっかり噛むことができます。
また、固定式なので使用感も天然歯とほぼ変わりません。

詳しくはこちら